フリーランスの記帳代行~青色申告は無理と諦めているあなたへ!

コーヒーを飲む女性

こんにちは。
大阪発全国対応記帳代行 代表の藤田です。

大阪発全国対応記帳代行は、大阪から「オンラインで全国対応している」記帳代行サービスです。

フリーランスの仕事は会社員と比べて、場所や時間の自由があるものの、今まではやる必要のなかった業務が生じます。

その一つが経理業務です。

副業で事業を営んでいる会社員も経理業務をやらなければなりません。
経理業務の中でも、記帳(帳簿をつけること)は手間がかかり面倒な業務です。

「確定申告のためには記帳をしなければいけないのはわかっているけど、やり方がよくわからないし面倒くさい…」

あなたは今、そのような状況で悩んでいませんか?

そんな悩みを解決するために、記帳代行サービスを利用するという方法があります。
ここでは記帳についての基本や記帳の種類についてまとめてみました。

記帳って何?

クレジットカードとパソコン記帳とは帳簿を作成することです。

帳簿を手書きで作成していた昔とは違い、今は帳簿は会計ソフトから出力することが一般的ですので、「記帳=会計ソフトへの入力」と考えて差し支えありません。

記帳代行というのは、この記帳を代行するサービスのことです。

領収書や請求書などの証憑を郵送またはスキャンして送り、会計ソフトに入力してもらうスタイルが一般的です。

記帳代行サービスを提供しているのは税理士事務所以外に、当社のように記帳代行を主な業務としている会社もあります。

記帳には大きく2種類ある

税務署から送られてきた書類ご存知の方もおられると思いますが、フリーランスの確定申告には「青色申告」と「白色申告」の2種類があります。

青色申告は手続きが面倒な分、節税効果が大きく、白色申告は手続きが簡単な分、節税効果は小さいです。

そして、青色申告と白色申告のどちらで確定申告を行うかによって、記帳の仕方が変わってきます。

青色申告と白色申告の記帳方法の特徴

簿記と電卓

青色申告の記帳の特徴

  • 複式簿記または単式簿記での記帳
  • 発生主義または現金主義での記帳

白色申告の記帳の特徴

  • 単式簿記での記帳
  • 発生主義での記帳

単式簿記と複式簿記の違いとは?

損益計算書と貸借対照表

単式簿記

単式簿記というのは、銀行の入出金明細や家計簿、お小遣い帳のようなもので、入金、出金、残高だけを記載する帳簿です。

簡易簿記とも言われます。
以下が単式簿記のイメージです。

複式簿記

一方で複式簿記では、取引ごとに各勘定科目(「現金」「仕入」など)を左側の「借方(かりかた)」、右側の「貸方(かしかた)」のいずれかに置いて記載します。

以下が複式簿記のイメージです。

発生主義と現金主義の違いとは?

決算のイメージ「発生主義」「現金主義」とは、売上や経費の計上のタイミングのことです。
例えば、商品を販売した時の取引の流れが以下の通りだったとします。

  1. 商品の発注を受ける
  2. 商品の引き渡し
  3. 後日顧客から代金が入金される

この場合、発生主義では商品を引き渡した2のタイミングで売上を計上します。
一方で、現金主義では顧客から代金が入金された3のタイミングで売上を計上します。

一般的に利用されている発生主義で記帳をしたい場合は、白色申告、青色申告のどちらでも選択可能です。

また、現金主義で記帳をしたい場合は、青色申告を選ぶことになります。

青色申告と白色申告のどちらを選ぶべきか?

確定申告書類一式白色申告の場合、平成25年度までは前々年分あるいは前年分の事業所得や不動産所得または、山林所有の合計額が300万円を超える場合しか、記帳の義務はありませんでした。

このことが、白色申告の大きなメリットとなっていました。

しかし、平成26年度以降は白色申告者であっても記帳及び書類の保存が義務となり、今まで記帳をしていなかった方に対しても記帳する必要が出てきました。

そのため、現在では白色申告を選択するメリットが薄くなっています。
記帳代行サービスも青色申告を前提としているケースが多いです。

特別な理由がない限り、節税効果が大きい青色申告をお勧めします。

まとめ

電卓と帳簿とお札「青色申告の記帳は面倒」というイメージを持たれている方もいると思いますが、記帳代行サービスを利用すれば問題ありません。

アウトソーシング、IT化、クラウドといった世の中の流れに乗って、記帳代行サービスを利用するのは、以前と比べて格段に簡単になりました。

自分で記帳しようとお考えの方もおられると思いますが、記帳代行サービスの利用を選択肢に加えてみてはいかがでしょうか?

The following two tabs change content below.
藤田 精二
株式会社ビーバーム 代表取締役、大阪発全国対応記帳代行 代表。起業家(主に小規模企業や個人事業主)を対象に経理業務のサポートを行っている。会計ソフトへの入力サポートや入力代行、経理業務のコンサルティングの他、クライアントの事務所に定期的に出向いてのサポートも行う経理のプロ。