こんな領収書はどうすればいい?~プライベート分が混ざった場合

電話しながらメモを取る女性

こんにちは。
大阪発全国対応記帳代行 代表の藤田です。

大阪発全国対応記帳代行は、大阪から「オンラインで全国対応している」記帳代行サービスです。

事業に必要な物を買いに行ったついでに、プライベート用の物も一緒に買うことってよくありますよね。

ただついうっかりして、経費になる分とプライベート分を1枚の領収書にされてしまったことはないでしょうか?

今回は、このような領収書をどのように扱えばいいかについてお伝えしたいと思います。

経費とプライベート分の領収書を分けるのが望ましい

領収書
望ましいのは、経費になる分とプライベート分を別々の領収書にしてもらうことです。

会計の時に「領収書を分けてください」とお願いすることになります。
ただし、必ずしも分けてもらえるとは限りません。

領収書発行のルールがお店ごとに決まっていたり、あるいはお店としては手間が増えるため、断られることもあります。

また、こちらがお願いしそびれてしまうこともあるでしょうし、会計が混んでいる時は言い出しにくいでしょう。

プライベート分が混ざった領収書の取り扱いは?

電卓と小銭とボールペン
では、1枚の領収書に経費になる分とプライベート分が混ざってしまった時は、どうすればいいのでしょうか?

そんな時は、プライベート分の明細を線で消してください。

そして、合計金額からプライベート分を差し引いた金額を余白にメモ書きしておきましょう。

なお取り消し線もメモ書きも鉛筆を使わず、ボールペンなど消えない筆記具を使ってください。

「領収書に手書きを加えて問題ないのか?」と思う方がおられるかもしれませんが、大丈夫です。

経費とプライベート分はきちんと分ける

小銭
言うまでもありませんが、プライベート分は経費にはできません。

税務調査が入った際に、プライベート分が経費として多く計上されていると、「この人は仕事とプライベートの区別ができていない」と思われます。

その結果、税務署の職員の心証が悪くなってしまいます。
そうなると、他の部分ではしっかり処理していても、変に疑われかねません。

支出の証明は、税金を納める側が行うものです。
事業で使った経費の領収書は、内容をはっきりさせて管理する癖をつけておきましょう。

くれぐれも長期間放っておいて、「事業用だったかプライベート用だったか忘れた」といったことにならないようにしてください。

まとめ

電卓
繰り返しになりますが、プライベート分は絶対に経費に含めないでください。

「プライベート分を分けるのは面倒だし、経費にしてもバレないだろう」という考えは持たないようにしましょう。

The following two tabs change content below.
藤田 精二
株式会社ビーバーム 代表取締役、大阪発全国対応記帳代行 代表。起業家(主に小規模企業や個人事業主)を対象に経理業務のサポートを行っている。会計ソフトへの入力サポートや入力代行、経理業務のコンサルティングの他、クライアントの事務所に定期的に出向いてのサポートも行う経理のプロ。